POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

価値ある個別指導を

学習塾のカテゴリでいえば

福知山ゼミは個別指導塾に分類される。

個別指導塾といえば

ひとり一人にあった指導を施し伸ばすというのがうたい文句。

もちろん福知山ゼミも一言でいえば
そういう個別指導塾といえる。

ただ、個別指導塾に通う多くの子達が
伸び悩んでいるという実情も業界ではよく話題にでる。

子どもの力を伸ばす塾とそうでない塾の違いのひとつに

指導者の視点の違いがある。

その違いとは

生徒の様子を見ているか

生徒がわからない問題を見ているかだと思う。

人はついつい結果にとらわれてしまいがちになる。

テストも然り。

「先生、わかりません。」と生徒から言われたら代わりに問題を解いてやる。解答書に書かれている通りの解き方を繰り返す。

こんなやり方では

生徒の学習意欲はあがらず依存心だけが大きくなる。

本来求められるべきは指導者が解説をするのと同時に生徒の様子を鋭く観察し、あるいは質問したりして理解度をはかる。そして生徒が考えてできるようにアシストをして導く。さらにそれが勇気付ながら行われることが望ましい。
技術的な面からはこれが大きい。

もっと大切なのは
その教室のリーダーがどこまで本気で人材育成を考えているかということ。そしてその考えがスタッフに浸透していること。自分たちが教えている子供たちは間違いなく、人類の未来そのものなのである。そのことを噛み締め日々、全神経をフル活用して当たらなければならない。

昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2013-10-03 07:56 | 教育
<< 秋の保護者面談実施 めっちゃ嬉しいこと >>