POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

子どもたちの学習機会の危機

社会構造の変化 2006年6月福知山ゼミ広告より

 「1、2、3、4、」と「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ」が

行き来していない小学生が意外と多いことに驚かされる。

なぜ、「五つ」を平気で「ごっつ」と呼んでしまうようなことが起こっているのか。

今、30代以上の方なら「そんなこと考えられない」と思われるかもしれない。

しかし、子どもたちを取り巻く社会の変化から考えてみると、

理解できないこともないのである。

 子どもたちを取り巻く社会構造の変化を具体的に取り上げてみる。

まず第1に少子化の問題がある。<おやつ入れ>にいれられたお菓子を

兄弟で等分に分けるなどの行為の減少、

兄弟が多い家庭でも

お菓子メーカーの販売方法の進化がこれを手伝う。

はじめから小さな袋で小分けされていることによって、

一人一袋が約束されるのである。

子どもたちの個数の差を意識するチャンスが

ここでも奪われている。

不公平のないように

一人にひとつずつ渡してやりたいという

親心にとっては皮肉な問題である。

第2に子どもたちの遊びの変化も考えられる。

思い出してみてください、

私たちが子どもだったころ

かくれんぼ、缶けり、ビー玉遊び、おはじきなど

生活の中で数を数えるということは日常茶飯事でした。

当然、集団で遊ぶ子どもたちにとって

百まで数えられるなど当たり前のことであった。

少しでもはやく数え上げるために

「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」と

10数えるごとに指を折り

十の単位や五十の単位を自然に意識することができたのである。

大人でも夢中になってしまいそうなゲームの進化により

子どもたちの遊びの中から

実感できるレベルの数の扱いが失われつつある。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ←ランキングへ参加中 一票お願いします 感謝

by zemiiwaki | 2007-12-04 15:59 | 教育
<< 分数編A1その弐 壁を越える >>