POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

テストは終わった日が大切

今日で通ってきている塾生の中間考査は終了

教室前の塾長通信の掲示板にも書いていること

テストは終わったその日が大切

今回のテストでの反省点や到達できなかった個所などを振り返り

次回へと活かしていくことが成長となる

次回の期末テストは英数国理社に加え実技の教科もプラスされる

よって成果を出すには

中間テストよりも早期から取り組むことが絶対条件


英語の単語などは

新しいものは学校で習う週には完成を目指す

数学の計算などは

自分にとってほんの少しだけ難しい問題を反復するなど

毎日の積み重ねが肝心


保護者の多くの方は社会などは暗記教科だから覚えればすむのに・・・

と考えておられる方も少なくないが

実際のところは

物事の因果関係などが不明瞭な時点で

暗記するということは実は非常に困難極まりない

歴史でも

日米通商修好条約などの条約の年号や他の条約との区別が

難しいという子も目にする

そういう子に

時代背景や流れなどイメージできるように解説をすると

「あーなるほど~」と納得する。

納得さえすれば用語を覚えるのは容易なものとなる

生徒には

今日の学校の授業が

良くわかるものだったかそうでないかを意識させ

イメージまでしっかりと持てない場合は教室で尋ねるように言っている

去年も

3年生になってから塾に通いだした子が

「社会が全然頭に入らないんです」と言っていた

毎回、学校のノートを持ってこさせて

ノートを読み返しながら学校の授業を思い出させて

理解の足りない所を補足しアドバイスすることをやった

それから90点を下回ることはなくなった

次第に補足アドバイスも不要になっていった


このブログ応援する!040.gif

by zemiiwaki | 2008-06-02 13:52 | 教育
<< 不思議なプランツ 父親奮闘記 出番だーーーーー >>