POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

向き合うこと

子どもたちと毎日接しているが

本当に一人ひとり個性豊かである

性格はもちろん、生い立ちも様々

モチベーションを上げるために話したり

性根を強くするために向きあったり

相手が子どもといえど真剣勝負

中途半端な向き合い方では

聞き手の子どもたちが納得しない

先週、 (この記事)
努力少なくかつ、成果大を望む傾向が出てきた男の子に

誠実さについて真剣勝負することに・・・



「うるさく言われるのが嫌だ」とか親子のいさかいにしそうな言い訳を言っていた

それでも、僕らがなぜ塾をやっているのか

どういう信念をもっているかを切々と語った


その日は彼が僕の伝えたかったことを

理解してくれたか自信がなかった


今日、何事もなければ通塾してくる曜日

どうだろうか・・・

電話もしてお母さんに様子を尋ねようかとも思ったが

あえて待ってみることにした


塾を辞めてもしかたないが

僕の伝えたかったことの

せめて半分でも通じて欲しい

それが今後の彼の人生にきっと役に立つだろう

そんな思いで向き合ってきた

今日、彼はやってきた

私は元気よくあいさつをし

少し他の子の指導にあたっていた

私が彼のそばに近寄ったとき

「先生、この前はすいませんでした」

この前の甘えのある表情とは打って変わって真剣そのもの

『そっか、わかってくれたか!頑張れるか?」

「はい」

まさに君子豹変すの如く

誠実にそして気迫ある学習姿勢でやり遂げてくれた

いくらこちらが正しいと思うことを言っても

受け取る側にも力量がいる

しっかりと受け止めて成長してくれる生徒がエライ

このブログ応援する!

by zemiiwaki | 2008-06-23 22:23 | 教育
<< もしも小さくなれたら 今は脇役ですが・・・ >>