POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:教育( 43 )


テストは終わった日が大切

今日で通ってきている塾生の中間考査は終了

教室前の塾長通信の掲示板にも書いていること

テストは終わったその日が大切

今回のテストでの反省点や到達できなかった個所などを振り返り

次回へと活かしていくことが成長となる

次回の期末テストは英数国理社に加え実技の教科もプラスされる

よって成果を出すには

中間テストよりも早期から取り組むことが絶対条件


英語の単語などは

新しいものは学校で習う週には完成を目指す

数学の計算などは

自分にとってほんの少しだけ難しい問題を反復するなど

毎日の積み重ねが肝心


保護者の多くの方は社会などは暗記教科だから覚えればすむのに・・・

と考えておられる方も少なくないが

実際のところは

物事の因果関係などが不明瞭な時点で

暗記するということは実は非常に困難極まりない

歴史でも

日米通商修好条約などの条約の年号や他の条約との区別が

難しいという子も目にする

そういう子に

時代背景や流れなどイメージできるように解説をすると

「あーなるほど~」と納得する。

納得さえすれば用語を覚えるのは容易なものとなる

生徒には

今日の学校の授業が

良くわかるものだったかそうでないかを意識させ

イメージまでしっかりと持てない場合は教室で尋ねるように言っている

去年も

3年生になってから塾に通いだした子が

「社会が全然頭に入らないんです」と言っていた

毎回、学校のノートを持ってこさせて

ノートを読み返しながら学校の授業を思い出させて

理解の足りない所を補足しアドバイスすることをやった

それから90点を下回ることはなくなった

次第に補足アドバイスも不要になっていった


このブログ応援する!040.gif

by zemiiwaki | 2008-06-02 13:52 | 教育

大阪版 夜スペ

大阪版「夜スペ」無料で教員OBら指導 橋下知事PT案-朝日新聞
2008年04月30日06時21分

 大阪府の橋下徹知事直轄の重要政策プロジェクトチーム(PT)が、小中学校での放課後学習の実施や小3~中3への習熟度別授業の導入、進学に実績のある府立高校の強化など、大がかりな教育改革案をまとめた。放課後学習は東京都杉並区立和田中学校の夜間授業「夜スペシャル」の大阪版という位置づけで、文部科学省によると、都道府県全域で試みるのは全国でも非常にめずらしい。

 一方で大阪府は08年度に1100億円規模の財政再建をめざしており、6月末に編成する同年度の本格予算にどこまで反映させるかは橋下知事が判断する。

 「おおさか・まなび舎(や)」と名づけた放課後学習は、指定市(大阪、堺)と中核市(東大阪、高槻)を除く府内の小学校約530校と指定市を除く中学校約290校が対象。小学校は平日の放課後に週2回、中学校は平日の放課後と土曜日に1回ずつ、授業の復習や宿題を教える。教科は小学校が国語と算数、中学校は数学と英語。

 和田中の夜スペは有料(月1万8千~2万4千円)で塾講師が教えるのに対し、大阪では無料で地域の教員OBや大学生が教える。講師には府が1回1千~2千円程度の謝礼を支払う。


 原案をまとめた府教委は学習する習慣ができていない子どもたちの底上げを想定しているのに対し、橋下知事は和田中と同様、学習意欲はあっても経済的な理由で進学塾に通えない成績上位層の引き上げに意欲をもっており、さらに調整する。

 理解度に応じてグループ分けする習熟度別授業は、府内の全小中学校が対象。小3~小6は国語と算数、中学生は国語、数学、英語で進める。習熟度別授業をすでに実施している市町村や学校もあるが、橋下知事は教育委員との懇談で「なるべく多くの学年と教科でやるべきだ」と話していた。実施には少なくとも200人程度の教員が必要で、今後、開始時期などを詰める。


日本全体の学力向上は意義がある
何にせよ新しい取り組みはやってみなければ
どんな効果が出るか分らない
実行力のある橋本知事をこれからも見ていこうと思う

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-30 12:12 | 教育

基礎学力を測る手段

整数の証明的な問題など

すみやかにできる場合と

なかなか、できるようにならないことがある

そういう場合、量的な感覚がとばしいことがしばしば

例えば

60個のドミノを数えるのに

相当なタイム差が出る場合がある


20秒くらいから1分以上かかる場合

また、

ドミノをいろいろなならびにして数を当てさせると

今の数の扱えるレベルが垣間見れる

小学生から鍛えておきたいところだ

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-28 17:55 | 教育

根っこをつくる教材

6cm÷3cm と

6cm÷3  の違いをどれだけの子がうまく説明できるだろう

また

1÷2=1/2

1÷1/2=2のような同じ割り算でも、はっきりと違いを説明できるようにするには・・・

根拠となる具体的に見える事象を経験したうえで

法則発見への橋渡しをする

そして説明する力は

一度、説明を聞いたり読んだりしたからといって

簡単につくものでもない

説明機会を十分に与える

横並びに機会を与えるのではなく

学習者の状態を見極め、少しの負荷をかけながら行う

テラヲ式算数

使えば使うほど深みが出る教材

学習力の根っこを作る教材

寺尾先生 感謝です

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-18 13:42 | 教育

おおぉぉぉ

<学習塾費用>低所得世帯に無利子貸し付け 全国初…東京都
この記事の見出しを読んだとき「えっ!」と思った

福知山の収賄問題で

市に対して不信感が高まる中

私個人的な意見として福知山も見習ってほしい

人から聞いた話

全員にかどうかわからないが

市職員にはレジャー目的の家族旅行の手当などが一旅行につき4万円ほど出るらしい

それが真実なら

その分を教育費として学習塾に行かせる費用に充てればいいのに

と冗談交じりに知人と話していたが

東京ではもっと大規模な形で実践されるということ

一市民の意見でしかないが

子は宝

人材育成に町ぐるみで取り組みたいものです

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-17 14:54 | 教育

授業でのコミュニケーション

生徒のモチベーション上げる事や

学力を伸ばすためには

授業時における生徒と講師のコミュニケーションを上手くとることは欠かせない

だからといって

生徒とむやみやたらにおしゃべりをすれば良いと

いうものではないことを塾を運営している人なら感じていることでしょう

良い状態のコミュニケーションは

少し横道にそれたような話をしていても

実質的には学習に結びついていくものであったりする

要は授業の主導権を講師の方が握っているということ

これに対して

コミュニケーションの主導権を自分が握ろうと

やっきになる子は学習においては気分屋な傾向があり

面倒臭いと感じたり

難しいと感じたりするところから逃げようともする


体験入塾を1ヶ月もやると

その子の良いところも

先ほどのべたいい加減なところも見えてくる

そして学びの上での約束を塾・保護者・本人で交わして決定すると

師弟関係もスムーズになり学習においての成果も出やすい

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-17 14:06 | 教育

公立高校 推薦入試削減

「15の春を泣かすな」という世論の下で

公立高校の推薦入試は拡大してきたと朝日新聞にあった

しかし、近年、3学期の中3の授業がうまくいかなかったり

高校へ入学してから学力不足のため

高校側が困惑する事態が増加してきたという理由から

推薦入試の削減が全国で広がっている

今の内申も絶対評価だというが

同じ公立中学でさえ、学校によって格差があり

この推薦入試と同じ状況を生み出しているようにも思える

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-14 00:27 | 教育

町の民度

学級崩壊という言葉が生まれて

どれくらい経ったのだろう

福知山の小・中学校でも

少なからず起こっている

内容を聞くと

授業中に先生の言うことを聞かずに立ち歩きをしたり

教室を出て喫煙をしに行こうとしたりする者もいて

そのクラスには

教室の前後の入口に見張りの先生が立たなければいけない

そんな現状の学校もあるようだ

問題児とされている子(私も問題児とされていただろうが・・・)の保護者も

子どものような屁理屈を言って我が子を弁護する例もあるらしい

これは人様に迷惑をかけては申し訳ないという

価値観が欠落しているようにも思える

確かに大人も結婚をして子をもうけたからといって

分別ある大人になるとは限らない

この大人たちへの説得を

学校の先生が行うなは厳しいのかもしれない

まして、学校の先生の声に耳を貸さない保護者はどこかで

学校や教師に対して、恨みのようなものを持っているのではないかと推察する

いかに説得にあたる先生が世間的に素晴らしい先生であろうと

その人にとって素晴らしい先生と思われるためには

一朝一夕にはいくはずもない

人は同じ言葉を聞いても

自分が認める人とそうでない人からのものでは全く効き目が違う

このモンスターペアレント的保護者でも

尊敬する会社の上司からも一緒に説得されるとかなり違うだろう

子どもたちを導くにあたって

その子のバックグラウンドを知ることは重要

子を知るためには、ルーツである親を知る必要がある


地域ぐるみで人材育成を考えるとき

地域の大人も襟を正さねばなるまい

現在、市の建設室の収賄事件が全国的に報道されている福知山としては

これも難しいのかもしれないが

少しでも民度が上がるよう自分自身の襟も正し

日々の指導に活かしたい

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-04-07 13:47 | 教育

伸びる子はここから違う

昔は当たり前の事だったと思う

物事を習いにいくとき

そこの先生を敬い

その場自体にも敬意をはらうよう、大人は子どもに教育を施した

義務教育が始まる前は

低開発国の国の子たちがそうであるように

学校で勉強できることを特別の意識をもって挑んだのだろうと推測する
私個人的には

学校で勉強が出来ることへの喜びは

ただ新しい生活が始まるというような期待感がほとんどで

そういう機会に恵まれていること自体が尊いなどと思うことはまったくなかった

それでも

特別に習い事にいくときは

そこの先生を敬い、場にも礼儀をもって通った


塾に通ってくる子でも

成績が礼節に比例している

うちは月謝を自動振り替えと月謝袋で納入とを選べるようにしているが

月謝袋で納入する子で感心する子がいる

そういう子は月末付近で

「先生、来月も宜しくお願いします」としっかり目を見て言ってくれるのである

日々の通塾でも

こんにちは

ありがとうございました

さようなら

と気持ちよく挨拶をする

そんな子は、さすがに学習においても目を見張るものがある


人を敬うことが出来る者が

将来、人からも敬われるほどのことが出来るのかもしれない

説教くさい話だ・・・

と思われる人もあろうが、私も人の親として押さえるところは押さえなければと思う

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-03-26 22:42 | 教育

徒弟塾

福知山ゼミの高等部である小竹ゼミは

学習者にとって理想の空間だと思う

小竹先生は福知山に来ていただく前は

篠山のとある塾で活躍されていた


私が開塾するときに

福知山の子たちにもっとチャンスを作りたいという思いを語り

それに賛同していただけたおかげで今の福知山ゼミがある

凄い事に

小竹先生自体が今もなお、学習者としても進化しておられる

すべての教科をハイレベルなところまで教えることができる

数少ない優秀な先生

大学受験を目指す中学部を卒業した生徒たちは

小竹ゼミに弟子入りする

そこで濃密な学習を行い、自分の定めた目標を達成していく

横から見ていると幕末の私塾とはこんな感じだったのではないかと思わせる

昨夜も現弟子たちに自分の生きざまを伝えてくれる兄弟子がやってきた

この君は去年、横浜国立大学に見事合格したが思うところがあったようで

入学せず、今年 京都大学理工学部へ受験し見事合格した

その兄弟子が秘伝を伝えてくれるということだから

新弟子たちも興味津津で真剣に話をきき、質問などもしていた

それを見守る小竹先生もとてもやさしい表情で見ておられた

今年も高3生が国公立大学へ見事合格を果たしていることもうなずける

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へこの記事で参考になったと思っていただけた方、
             ランキングに参加しております。
             ご協力いただければ幸いです。


by zemiiwaki | 2008-03-18 10:17 | 教育