POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


もう!?

朝から何かおかしいと思っていた

風邪にしては何か違うような気が・・・

昼を回ってますます状態は悪化

授業中にティッシュ1箱使い切ってしまった

はい・・・・

そうなんです

どうも、花粉症のようです007.gif

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-29 22:06 | 日記

3学期中間テスト

3学期の中間テストも先週でけりがついた。

福知山の中学は3学期は中間テストを実施している所と

そうでないところがある。

範囲としては狭いのでテスト勉強はしやすいからあってもいいと思える

数学のテスト3日前~前日に比例・反比例がやっぱりわからないという

中学1年の生徒たち数人に補習にくるように勧めた

一番心配だった生徒が頭痛で休んでしまったので心残り

今週結果が返ってくる少なくとも計算間違えなどでの減点はないことを祈る042.gif

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-28 11:01 | 塾あれこれ

どっかり降りました

昨日から降りはじめた雪は夜通し続いたようで

朝は一面銀世界

息子(4歳)を幼稚園バスの停留所まで連れて行くと

子どもたちは案の定、おおはしゃぎ003.gif

バスも定刻より20分近く遅れてきた

その間、雪合戦や雪だるまなどつくって楽しんでいた

子どもたちが無邪気に遊んでいる姿はいいものです026.gif

先日作った小学生用の下敷きも

おかげさまで好評004.gif

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-25 10:17 | 日記

今年の小学生用オリジナル下敷き

以前、オリジナルの下敷きを作ったことがあった。

新しく入ってきた子たちが自分たちも欲しいと言ってきた

せっかくだから新しくデザイン

c0140747_131439100.gif



裏面にはことわざ問題を掲載

評判は後ほど037.gif

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-23 13:16 | 塾あれこれ

発表をためらわない子

昨日、<話を聞けるようには>ということについて少しふれた。

小さい時から親、あるいは近い存在の人に充分、話を聞いてもらっている子は

落ち着いていて人の話が聞けるようだと書いた。

もうひとつ追記をすると

発表ができる子も同じことが言えそうだ

近い存在、特にお母さんが

子どもの「なんで?」「なんで?」の問いかけに対して

根気よく聞き、「これはね」「あれはね」と答え

答えが難しい時は、「難しいねー、すごいねー」と面倒くさがらずに接する

そうされてきた子は

気づいたことを発表する力もつきやすいように思える

現に塾生でそういう子は何人かいる

子どもの成長を楽しむゆとりを持って

子どもとのコミュニケーションとりたいものだと改めて感じた

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-21 22:01 | 教育

話聞けない子ども

公立高校入試で国語のリスニングが8県で実施される

昨年度の7県からさらに増えた

音声で流れる説明文や会話文を聞いて

正しい要旨を選んだり、自分の考えを記述したりする

京都府ではまだ実施されていないが

こういった形式が導入された背景には

学校で指示を出した直後に

「なにをすればいいのですか」

あるいは

宿題を発表した直後に

「宿題はなんですか」とすぐ聞き返したりする生徒が増えたことによるらしい

学校によっては

授業の中で、国語のリスニングを盛り込んでいるところもあるらしい

聞かせる工夫も大事ではある

しかし、塾でいろいろな生徒、保護者と接していると

小さいときから、つたない会話であっても

親に話をじっくり聞いてもらっている子は

落ち着いて話を聞けるようになっているようにも思える

先日の面談でこんな話も出た

「先生、うちの子は通知票でも落ち着きがないことがいつも指摘されていたのです。こちらのゼミに通うようになって子どもから、先生とこんな話をした、あんな話をしたということを聞くようになりました。親は忙しくてなかなか話を聞いてやることがなかったのですが、こちらで話を聞いてもらっているせいか、学校でも落ち着きがでてきたと聞かされました。やっぱり、話を聞くのは大事なのですね」

親子間ではついつい、子どもに対しての指示を単語的会話でやってしまうことが

しばしば起こりえるが、そこをもう少し考える必要があるように思える

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-20 12:12 | 教育

雪だーーー

福知山は朝から雪

ホント寒いです

こんなに寒くても愛犬コンテ君の散歩は欠かせません

と言いつつも今日は朝から所用がありスタッフに頼んでしまった(汗)

散歩と言えば、最近フンなどの始末のマナー違反が増えてきた感じがします。

特に歩道などにそのまま放っておかれているものなど、ちょっと・・・これは・・・

連日続いていました。

放っておいても街角の美化が損なわれたままになるので

拾って帰ることにしています。

マナーは守りたいものです

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-17 15:47 | 日記

会談

土曜日は大阪からMinoh after schoolの西川先生がお越しくださった。

算数指導や学習者のモチベーションを上げるための教室運営、人材育成の方法などを

たくさん話させていただいた。

また、西川先生の英語教育の考え方などもお話いただき、たいへん刺激的な一日となった。

西川先生は私のような不勉強な人間からすると恐れ多い方

(略歴)

高校時により渡米、私立サンフランシスコ大学、大学院(教育心理学科)を卒業

現地の幼稚園、小学校、高等学校での実習経験を経て
カリフォルニア州認定の教育カウンセラー資格を修得。

日本では同志社大学大学院を卒業(修士)。

理化学研究所・脳科学総合研究センター、マサチュセッツ工科大学、
大阪大学など教育・研究機関に職員として勤務。

大阪大学では、文部科学省の選定する「現代GPプロジェクト」の特任助手(教員)として
理系英語教材の開発と運営に関わり、工学部の学部生にバイオテクノロジー英会話、
ベーシックを教鞭した経験を有する。(学林舎情報12月号より)

西川先生がおっしゃられた

「英会話はどこまでいっても英会話」

英語をツールとして指導されている先生ならではのお言葉

これからの小学生英語の開設に向けて考えさせられた。


たくさん話させていただいて、私自身が勇気づけられ、かつ

次のビジョンも描けそうな予感・・・

2008年も進歩は止まりそうもない。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-14 22:12 | 塾あれこれ

元気にみられること

昨日の大阪の教材展示会では

懐かしい方たちにたくさんお会いできた

出版社の方、また私が営業マンとして頑張っていたころの先生

久しぶりの再会で一番多く言われたことは

「相変わらず、元気そうですね」

自分で元気だと思っているのと

人から見ても元気そうだと見えることは少し違うような気がする

ハツラツとしていられるのは

日々、まわりの人からの支えのおかげだと思う

一層、役に立つ仕事ぶりができるよう磨きをかけたい

と改めて思う機会となった

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-12 11:00 | 塾あれこれ

1月11日 教材展

今日は大阪のツイン21で教材教具展示会がある

スタッフもゼミに8時半に集合

指導をより良いものに発展させていくには

教材研究は欠かせない

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

by zemiiwaki | 2008-01-11 08:15 | 塾あれこれ