POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ロンドンかぁ~

昨日は仕事を終えてから以前スタッフだった、はしもとくんとライブへ行った

というのも

卒塾生のなっちゃんから「先生、来月からロンドンへ留学するのでよかったらサヨナラライブを

見に来てくださーい」というお誘いがあったから^^

彼女が塾へ初めてやって来たのが中3の秋

気立てのいい、しっかりもののお姉ちゃんという印象だった

彼これ7年のもなるんだなぁ。。。


卒塾してからもたまに元気な顔を見せに来てくれていた

ライブのお誘いも何度もしてくれていたが

なかなかタイミングが合わずで、今回が初お目見え!

オリジナルの曲もとても良かったし

最後に歌った「ありがとう」という曲は彼女たちらしさが出ているとても良い曲だった

塾も時代を重ねていくと子どもたちの成長ぶりが見れるところが面白い

ロンドンへ行っても頑張れよ~!


今日もキャラ弁アップしておきます
子どもからのリクエストで「にせウルトラマン」です^^;

c0140747_165535.gif


★★★にせウルトラマンのレシピ★★★

土台   ・・・スライスチーズ
白い部分・・・卵白身うす焼き
目     ・・・卵黄身うす焼き
赤い部分 ・・・かにかまぼこ
黒い線  ・・・味付けのり

by zemiiwaki | 2009-04-30 16:10 | 父が作る息子の弁当シリーズ

気合いのおにぎり弁当

今日、息子のクラスは園外の日

弁当はオニギリだけを持っていくということ

しかし、それでもキャラ弁をつくる父であった。。。

ウルトラマンネクサスに出てくる最強の悪役「ダークザギ」

この弁当で園外保育もテンションあがるかな!?

c0140747_1002076.gif


レシピ

★★★おにぎり★★★

具・・・あらびきウインナー
    味付けのり

★★★ダークザギ★★★

土台・・・スライスチーズ
表面・・・手巻き用のり
  目・・・カニかまぼこ

by zemiiwaki | 2009-04-28 10:11 | 父が作る息子の弁当シリーズ

いよいよ幼稚園弁当スタート

本日から息子の通う幼稚園は弁当がスタート

気合いを入れて作ってやればよかったが

食材がなーーーーーい!!!!!

そんな中でもなんとか工夫を・・・

c0140747_15325052.gif


・・・・なんだかよくわかんないキャラ弁^^;

息子:「これな~に?」

私 :『さぁ・・・^^;なんに見える?」

息子:「う~ん・・・まぁ、ええわ」

とこれまた、なんだか良く分からない納得をして持っていった

来週は頑張ってみようと思う今日この頃・・・

by zemiiwaki | 2009-04-24 15:36 | 父が作る息子の弁当シリーズ

お知らせ

前にブログでも紹介したヨーン・スェンソン

「ノンニとマンニの不思議な冒険」の朗読会が京都で催されます。

京都・ノンニ展実行委員会会長の渡邉奉勝氏より直々に案内いただきました。

塾生の保護者様またはこのブログのファン(?)の皆様

よろしければ足を運んで見られてはいかがでしょうか。

当然、私も参る予定です^^

c0140747_14471025.gif


by zemiiwaki | 2009-04-22 14:47

ド根性少年

先週のこと

塾生の小6の男の子が右手に包帯を巻いてきた

「どうしたん?」と僕が聞くと

『この手のことで、お母さんが話がしたいと言っています』とM君

そして僕が塾のエントランスで待つお母さんの所へ行くと

「先生、この前の週末に野球の練習で骨折してしまって・・・全治4週間なんです」

「しかも利き手なので・・・どうしたらいいでしょう^^;」

と相談いただいた。

「M君、勉強したい?」と尋ねると

M君はうなずき


続けて

「君が頑張る気持がないと、いくらでもサボってしまうことになりやすいけれど
 大丈夫か? 本気なら先生何か方法考えるわ。。。」

「頑張ります!」とM君

そういうやり取りがあって二日後にM君がやってきた

まずは第一弾!

c0140747_1183880.gif


人差し指に鉛筆をくくりつけて書いてます^^

結構、きれいに書けていると思いませんか?^^

驚きなのが

M君は左手も使う練習をしてきていて、かなり上手く使える

今では左で頑張っています。。。 がんばれ~!

by zemiiwaki | 2009-04-22 11:10 | 塾あれこれ

慣れてきた・・・

昨年度末の入試の追い込み時期から

忙しさが増し、入試が終われば落ち着くだろうと思っていた・・・

ところが、この世は不景気というのに

新規入塾生の面談や体験が相次ぎ

子どもたちが今よりもっと学習しやすくするための

教材作りも忙しく

一息できるなんて甘い考えはどこかへすっ飛んでしまった^^;

しかし、人間というものは凄いもので

ある程度日常化すると慣れてくるらしい・・・

こんな忙しい中、あと1年といえども子どもの弁当が作れるか心配だったが

慣れたから大丈夫! たぶん・・・  うん・・・ ???

本格的な弁当持ちが始まるのは来週末からとなっているが

今日は事情があって弁当を作ることに

で、作ったのがこれ↓

c0140747_2101436.gif


「屁のつっぱりはいらんですよ」のキン肉マン

今年もキャラ弁頑張ろう♪

by zemiiwaki | 2009-04-16 21:44 | 父が作る息子の弁当シリーズ

お花見

先週の土曜日は

岩城家突発的企画

「天気058.gifもいいから花見に行くぞー003.gif」ということで

お弁当を作って夜久野の緑化センターへ

c0140747_1058779.gif


しだれ桜のトンネルがとても美しかったです^^

c0140747_10585429.gif


ここではお弁当を食べるのに適したスペースがなかったので場所移動

いよいよお弁当ということで

ジャジャーーーン そんなにたいそうな弁当ではありませんが^^;

桜吹雪の中の外ご飯もなかなか良いものです。

c0140747_1125813.gif


お弁当を食べていると

たくさんクローバーが群生していたので

またもや突発的企画パート2

題して「四つ葉のクローバー探し選手権」が開催!

息子と二人で目を凝らして探すこと5分

「あっ!」と息子の声

c0140747_1162374.gif


見事に四つ葉のクローバーです・・・

ううう・・・このままでは父の威厳が・・・

すると少し葉が多めのクローバーを発見! 

「よしっ!四つ葉やっ!」と思いきや

見つけたのはこれ

え~、こんなんあるの?  五つ葉って・・・

c0140747_1185475.gif


微妙・・・な感じで選手権は幕を閉じ

四つ葉を見つけた息子は「これ、ママにあげる~♪」と父への慰めもなく去っていくのであった・・・

by zemiiwaki | 2009-04-13 11:11 | iwaki家の出来事

塾選び③

約20年前から新世代の塾として出て来たのが個別指導塾である

一斉指導と異なり個別に指導できれば、予習も復習も自由自在である

ここまで書くと「じゃ、個別指導塾がいいのですね」という声も聞こえてきそうだが

そう単純なものでもない

先ほども述べたが成果を出すには教師の対話力がカギとなる

よって、各教師には

学習者を学習しやすい状況へと導くコミュニケーション力と

学習者の状況を診断する力

加えて
学習内容を分からせる指導力

少なくとも教室長がそのエキスパートである必要がある

準備不足のアルバイト講師や学生講師に

指導をまる投げしてしまっている場合、高い成果は望めないことが多い

一概に塾選びと言ってもなかなか一筋縄ではいかないのかもしれない


つづく

by zemiiwaki | 2009-04-08 14:29 | 教育

塾選び②

理想的な学習空間・・・

今までの保護者面談を通して考えると
塾に対する期待というのはときに学校に対するものを上回ることもある

1.まずは子どもが勉強自体を好きになってくれる
2.学習に対しての積極性が養われる(発表も含め)
3.“わかれば楽しい”を実感させてくれる
4.弱点を見つけて補習してくれる
5.伸びるのであれば学年枠にこだわらずどんどん伸ばして欲しい
6.自分から学んでいく自習性をみにつける
7.成績を上げる
8.目標の中学・高校へ進学させる

など保護者の希望はまだまだ出てきそうである

ここでまた進学塾・補習塾に話を戻したい

重要なのは上の内容を実現するためには
一方的な授業ではなかなか成果が得られないということ

なにが必要かというとそれは対話である

コミュニケーション力と指導力を駆使して導いていく

人は自分の力を引き出してくれる人や物事に出会うと感動が起こる

それが何かを好きになる入口となる


勉強自体を好きにさせる指導というのは

いままでの進学塾・補習塾が実践していた内容の枠を超えてしまっている

では、学習塾としてどのようなことを強化すればよいか

つづく

by zemiiwaki | 2009-04-02 12:44 | 教育

塾選び①

一般の方が塾を考えるときどういうものを想像されるだろうか

小中学生に限って言えば

進学塾、または補習塾とまず大きく2つに分けられる

補習塾というのは読んで字の如く

学校の内容を補う学習、おもに復習中心の学習をおこなう塾と言っていいだろう。

ところが進学塾のイメージは個人個人によってバラバラなことが多い

その1.中学受験や難関高校受験のための学習を行う塾

その2.進学に向けてどんどんハイレベルな学習を進めていく塾

その3.学校で習う内容も予習中心で指導してくれる塾・・・etc

インターネットで調べてみると次のようなことが書かれている

進学塾とは
048.gif

フムフム・・・

上の内容のものが進学塾であると考えると、1つ疑問が浮かんでくる

補習的な要素がなくどんどん先へ進むということは

分からないことができても容赦なく進むということに似ている

目標とする学校レベルに合わせた教材選定で進めていくことになるが

学習者当人とのギャップを埋めるにはとても工夫が必要となる

そのギャップを埋めるためにクラス分けなどしている進学塾もあるが

結局はついて行けるものだけがついていくという状態になりやすいようである

それはそれで競争の原理から考えると有効な手段と言えそうだが

もっと理想的な学習空間を実現したいとも思えてくる・・・

つづく

by zemiiwaki | 2009-04-01 09:49 | 教育