POSITIVE ACTIVE CREATIVE


福知山地域密着型の学習空間LEARNING STATION 福知山ゼミグループの代表 岩城四知のブログ。学習塾塾長業の他にプロダクトデザインなども手がけるモノコトクリエイター
by zemiiwaki
関連リンク
WHATよりもHOW
何になるかよりも
どんなふうになるかを大切にする学び舎
カテゴリ
お気に入りブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ひとり一人に

中3生に実施した模擬の結果が返送されて1週間

夏期講習の成果を予想以上に出せた子や

改めて弱点が浮き彫りになった子などさまざまだった

子どもたちはデータの帳票を見ると

ついつい点数と合否判定だけに目が行きがちになる

大切なのは

浮き彫りになった克服ポイントをどのように取り組んでいくかということ


それを伝えるために二者面談で作戦会議

スタッフが言うには彼らが面談室から出てくるとき

以前とは違ったオーラを出しているらしい^^


子どもたちの心に火をつけることが

もっとも重要な僕らの仕事のひとつ


昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2011-09-27 10:42 | 塾あれこれ

目線

僕が自動車免許を取得したのは、かれこれ22年前になります^^;

現在は車に乗る回数が減ったからか

免許証の有効期限欄の背景は金色が光っています^^

免許取得の際、

教習所の授業で僕の脳裏にはっきりと焼き付いていることがあります

それは

<だろう運転>から<かもしれない運転>へ

皆さんもよくご存知だと思いますが

「人が出てこないだろう」 「あの車は突然曲がってこないだろう」

その気持ちが事故につながる

逆に「そこで人が飛び出してくるかもしれない」「あの車が突然曲がってくるかもしれない」

と意識していれば事故は未然に防げるというものでした

実はこの<だろう運転>と<かもしれない運転>は

運転以外のいろんな分野で見られます

僕のように子どもたちを指導する立場であれば

見た目にボーっと座っている生徒を目にしたとき

「あいつ、何をさぼっているんだ」と見るか

「もしかしたら、いま何かの壁にぶつかっているんじゃないか」と見るかで

アプローチは全く違うものになります

いろんな会社内でも同じことが言えるのではないでしょうか

目線を変える

これをパラダイムシフトと呼ぶそうですが

心にゆとりを持って

自分の規制枠でがんじがらめになった目線を変えること

大切ですね


昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2011-09-22 11:22 | 塾あれこれ

我がことのように

今朝も大雨警報は解除されず

学校も休校との連絡が入ってました。

新聞の1面にも台風災害の記事が報じられています。

小学4年生の男児と男性の方が流されて行方不明

小学4年の男児については下校中の出来事らしかった。

ご家族の方の心中を思うと僕も祈る思いが強まる

子どもたちが好奇心で河に近づいたり

側溝で遊ぶ行為など見つけたら止めさせるようにする

地域の目を光らせなければならないと改めて思います。

悲しみの中に光を・・・

by zemiiwaki | 2011-09-21 09:45 | 日記

雨、雨、雨

今日は朝から大雨警報発令されてます

近くの河も増水しつづけています008.gif

先日の台風の時よりも増水スピードははやいようです。。。

先日、大手セレクトショップBEAMSの代表の設楽洋さんが

TVで興味深いことを言っておられた

「本当のおしゃれって何ですか?」という質問に

『人の気持ちが分かること』

ファッション界のリーダー的存在である氏から発せられると

とても深~い言葉

外見だけでなく 内面から出てくるものが大切


昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2011-09-20 15:09 | 日記

気をひきしめて

今日、お子さんを迎えに来られたお父さんが

塾の入り口で待っておらるのに気がついた

するとそのお父さんは高校時代の友人^^

なかなか、お互い仕事が忙しく会う機会を逃していたけれど

今日は仕事が早く切りあがったということで

お迎えを兼ねて会いに来てくれた^^

僕も昨日40歳になったということを話すと

「前厄かぁ~ いろいろあるよ~」と怖い言葉^^;

確かに今年はキャンプ場で車をこすったり

頸のヘルニアの影響か

何やら左手がよくしびれたりと

いろんな予兆が出ている様子

健康にも気をつけておかないと。。。油断大敵です

by zemiiwaki | 2011-09-15 21:55 | 日記

なんのために勉強する?

ついつい子どもを勉強に向かわせるために言ってしまう言葉

「自分のためですよ」

間違ってはいないけれど

自分の為にしか努力しない人って魅力あるのか?と考えてみると

あまり好ましいものではないですよね^^


人が喜びを感じるとき

それは

「ありがとう」「君のおかげだよ」そんな言葉をかけられたときや

自分が何かしたことによって

人が喜んでくれるときだと思うんです


だから

子どもたちが今、何のために頑張って勉強するかというと

自分と自分が将来一緒にいる人の幸せのために頑張る

もしも、それ以上に力が余っていれば

より多くの人の幸せのために頑張れたらもっとすごいことだと思います


昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2011-09-13 09:57 | 教育

行動力

授業終了と同時にしもろく学舎の大木先生から電話

話を聞いてみると

今週末に東北へボランティアへ行くとのこと

さすがは熱い心を持った大木先生^^

さらに

どうしても参加したいという高校生男子も同行するとのこと

被災地の力になる以上に

被災地の方から得るものが多いこととなるだろうと予感しながらも

彼らの行動力を讃えたい

昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2011-09-12 21:40 | 塾あれこれ

今、すっごく勉強がしたい!

タイトルのセリフは

現在、高校1年生の女子Yさんの言葉

彼女ははじめて福知山ゼミにやってきたのは中1のとき

はじめは分からないということを知られることに抵抗感があり

僕たちが「どう?今のところ納得できる?」と尋ねると

返事は「・・・はい」

本当はよく分からないのに

分かったことにしておこうという姿勢がありました

本当に順調かどうかは数回、回数を重ねるとすぐに結果として出てくる

そのときには

<分からないことを隠さない>ということの重要性を説得した

徐々に慣れてくると分からないところを質問できるようになっていった

性格的にはとても真面目で

苦手意識が薄まった教科についてはコツコツと取り組んでいた

それでも勉強への苦手意識は根深く

英語などの苦手教科を何が何でも克服するという

前向きな姿勢までは中学時代には至らなかった

ところが高校生になると

俄然やる気が出てきた様子

その根拠は将来の目標が明確になってきたことが大きいようだった

彼女は高校1年生の夏に

勉強が「やらなければならない」ことから「やりたいこと」に変わったのだった

「毎日でも来て勉強したい!」という彼女を止められるはずもなく

自習も含め毎日来ることを許可

同級生も

Yさんが「毎日勉強したい!(学校の余分に)」という発言に驚いていた

また

友だちのSさんも「Yちゃんいっしょに頑張ろう!」と応援しているのが実に微笑ましく

ちゃんと友情の絆を深めていることに僕も嬉しくなった


昨日以上の今日
今日以上の明日へ

by zemiiwaki | 2011-09-12 14:37 | 塾あれこれ

まず、どこに座るか

作家 喜多川泰さんが主催されている学習塾 聡明舎では

「君が変わる10の法則」~十日で君の人生は劇的に変わる!~

という冊子が配られている

縁があって知人から、この冊子を10冊ほど頂いた

この冊子を読む上でのルールは一日一法則だけ読むこと。

そして、はじめて読むときは家以外で読むこと。

そのルールを守って読むと

勉強が

「やらなきゃいけないこと」から

「どうしてもやりたいこと」に変わる

第一の法則は「家に帰って一番最初に座る場所」についてです。

さあ、福知山ゼミでは誰が一番最初に読むだろう。。。^^

by zemiiwaki | 2011-09-09 14:33 | 日記

まちづくり ひとづくり

このブログでも何度か告知させて頂いているイベント

きずなりぅむフェスタ 10月15日(土)開催

主催団体の<まちんど>(恐れながら僕が初代代表を務めさせていただいてます)のミィーティングも活発に行っております。

今日はこのイベントの目玉企画でもある

中村文昭さんの講演会について触れてみたいと思います。

中村文昭さんは年に講演会を300以上こなすほどの

大変人気のある講演者です。

僕たち<まちんど>は「まちづくり・ひとづくり」を取り組もうと集まりましたが

中村さんは「くにづくり、ひとづくり」というレベルで活動されています。

たとえば、耕せにっぽんプロジェクトは

中村文昭さんが講演会で出会った

ひきこもり、ニートと呼ばれる若者と北海道の大地で農業をする取り組みです。

いままで、人と話すときに相手の目を見ることもできなかった若者が
笑顔で畑の事を話してくれると氏は語ります。

そして、やる気がなくて協調性を持てなかった若者が
リーダーシップを発揮して農作業をやるようになる

- 大地を耕し心も耕す -

そんな輪をもっとたくさんの方に広げていくため
今日も大地にクワをいれ未来をも耕されています。

その他にもあこがれ先生プロジェクトなど学校の先生を元気にする活動などが挙げられます。

僕も約十年前に中村さんの著書を手に取って感銘を受け、それ以来ファンです。

中村さんの話には不思議な力があります。

僕らは子どもの心に火をつける

そんな指導者であるために努力を惜しみませんが

中村さんは間違いなく 人の心に火をつける そんな人物です。

高校生までのお子さんをお持ちの御父兄の方には

是非とも聞いていただきたいと思います。

チケット 前売り1500円 当日2000円
福知山ゼミ・道下工務店にて設置
中村文昭さん紹介ムービー(you tubeに動画がありましたのでご紹介します)


by zemiiwaki | 2011-09-06 11:56 | 日記